おでこのブツブツ|20、30代のニキビ対策!

おでこのブツブツ|20、30代のニキビ対策! > 30代のおでこのぶつぶつ対策は?

おでこ ぶつぶつ 30代

30代のおでこのぶつぶつや大人ニキビは油断をしていたら
すぐにニキビなど吹き出物ができてしいます。

毎日のメイクで気になるのはどこですか?
肌のハリや透明感、そしてくすみやザラつきが無いこと、これが理想ですよね。

しかし、おでこにぶつぶつが30代になってもできてしまうあなた、もう一度ニキビケアの基本を振り返ってみましょう!
おでこのぶつぶつは、コメドや白ニキビといわれる毛穴の皮脂詰まりが原因。

30代だからと油断していると、大人ニキビはおでこにもできてしいます。
 

肌の乾燥が進んできたエイジングサインかも

ニキビは年齢が進むにつれて下の方へ移動すると言われています。
実際、炎症を起こすほどの赤ニキビは30代になると口周りや首筋、デコルテに多くなっていませんか?

しかし、相変わらずなのが、おでこにできるぶつぶつとした白ニキビ。
進行するわけではないけれど、治るわけでもなく、
なんとなく肌がぶつぶつしている状態が何年も続くいている・・・。
そんなあなたは、もしかして潤い不足かも。


20代の頃と同じスキンケアを続けていませんか?

肌乾燥には2種類あります。
・水分不足:細胞内部や、細胞と細胞を繋ぎ止めるクッションの中の保水力が低下して乾燥してしまう。
・油分不足:肌の水分と親和性のある油分を上手に表面に留めておく力が弱くなり、
結果バリヤ機能が低下した乾燥肌になってしまう。

30代では水分だけでなく油分も、肌にとっては補ってあげなくてはいけません。
いつまでもサッパリした基礎化粧品では、知らない間に乾燥肌になってしまいます。
その結果が、いつまでも治らないおでこのぶつぶつかもしれません。

ベタつきやヌルつきは、油分不足の可能性!?

おでこや鼻の頭を触るとベタついたりヌルヌルした感触はありますか?
それは皮脂が過剰に分泌されているせいですが、
だからといって油取り紙や皮脂吸着パウダーなどを使うのは逆効果。

30代には30代の皮脂対策ケアがあります。


そもそもおでこやTゾーンがベタつくのは、どうしてでしょう?
10代の頃なら単純に皮脂の分泌が激しいという理由でしたが、大人には大人の事情があるのです。

おでこや顔がテカったりベタつくのは、基礎化粧品で必要な油分が補えていない可能性があります。
面倒だからとか、ベタベタするのが苦手という理由で乳液やクリームを省いていませんか?

もしくは使っていても、肌にとって充分な量ではなく、ほんの少量で済ましていたり。
エイジンケアは良質な油分をを肌に補ってあげることが大切です。

油取り紙やパウダーなどを使い続けていると、30代の肌ではトラブルの元になってしまいます。
それが今ある、おでこのぶつぶつかもしれません!